なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや映画や旅行などについての覚え書き。

苦手でした…【映画感想】ミュージアム


スポンサードリンク

 

ミュージアム

ミュージアム

 

こちらはTSUTAYAでレンタルした映画の一つ。

特に興味があったわけじゃないけど、ランキングが高かったので借りることに。

個人的にはちょっとイマイチな感じでした。

まあ、ホラー系が苦手ということが多分に影響してそうですがw

 

以下、あらすじです。

 過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、これが初タッグとなる小栗旬主演×大友啓史監督により実写映画化。雨の日だけに起こる猟奇殺人事件を追う刑事の沢村久志。犯行現場に残された謎のメモや、見つけられることを前提としたかのような死体から、カエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる。通称・カエル男と呼ばれるようになった犯人を追い詰めていく沢村だったが、カエル男の仕組んだ残酷な罠にはまり、絶望的な状況に追い込まれてしまう。主人公・沢村役の小栗、沢村の妻を演じる尾野真千子はじめ、野村周平、大森南朋ら豪華キャストが共演。(映画.comから引用)

 

漫画原作の映画で、結構残酷なシーンがたくさん出てきます。

ホラー苦手な自分にはちょっとという感じでした…。

 

ただ、主演している小栗旬の演技は良かったですね。

焦ってる感がとても伝わってくるし、惹き込まれるものはありました。

 

あと、カエル男。

最初誰がやってるか全然分からずに、違和感ない感じだなと思っていたら、まさかの妻夫木聡でしたw

あんまりこーゆー役柄を演じるタイプじゃなさそうなのでちょっと意外でした。

でも、違和感なかったので結構はまり役なのかもしれないですね。

背負投げがかっこよかったですw

 

個人的にはホラー全般駄目なので、あまりオススメはできないですが、ホラー好きな人にはいいかも知れないです。

怖すぎて原作読みたいとも思わなかったなぁ…w