なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

広告、広報、PR、ブランディング…伝えることに困っていませんか?【読書感想】明日のプランニング


スポンサードリンク

・明日のプランニング〜伝わらな時代の伝わる方法〜

著者:佐藤尚之

出版社:講談社現代新書

 


f:id:monmontana:20180907225553j:image

 

 

仕事上で、ブランド化への手段としてのPRに悩んでいた最中、アマゾン様がオススメしてくれた本。

というか、正確にはオススメされたのが佐藤尚之さんの本だったので即購入。

 

 

 

正直、とても勉強になりました。

『明日の広告』、『明日のコミュニケーション』に続く第三弾。

 

要約すると、

地球上に砂浜がいまの35倍あって、その中の一粒があなたの伝えたい情報なのである。絶対見てもらえない!見てもらえるわけがない!

インターネットの影響によって、そんな状況に陥っている中で、

砂一時代前の生活者と砂一時代を生きる生活者に分かれる。砂一時代以前は今までのようにマス広告だって効く。砂一時代を生きる生活者には共感とファンベースが必要であり、友人を介すのが最強の伝え方である。

という話。

 

これは納得というかまさに目から鱗だったなー。

自分の仕事に置き換えれば、砂一時代前の生活者に伝えるのは得意(そのようなツールを組織が多く所持している)であり、逆に砂一時代を生きる生活者に伝えるのは苦手だったなと。

 

いや、本当に納得。

 

自分に置き換えても、大事な人とどこかにご飯に行こうって思ったら、食べログで調べるかお店をたくさん知ってる友達に聞く。

特に後者のほうが圧倒的に安心感がある。

 

ご飯だけじゃなくて、趣味も他のこともそうだよなーと。

 

SNSについても書かれていたけど、自分は個人的にはSNSをほとんどやってないから、そこから情報を取るのはほとんどないかもしれない。

 

逆にブログをやるようになってから『検索したい言葉の最後にブログ』とつけるようになったけどw

 

もちろん、仕事で何かを伝える上で、仕事でSNSはやってるけど、共感得る技術やコミュニケーションをとる技術というところ磨く上でも、プライベートでSNSをやり始めようかなーとも思ったり。

 

また知識的に、『この商品(またはサービス)を友人・知人に強くすすめますか?』という質問方法は面白いと思ったので、今度アンケートに入れてみようかなとも。

 

いやー、まだまだ学ぶことは多いなと思わせてくれる本でした。

広告の変遷もわかりやすく書かれていましたしね。

 

広告代理店やマスコミに限らず、何かを誰かに『伝える』仕事に少しでも携わっている人には本当にオススメの一冊です!!