なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

好きな映画でした。【映画感想】マイ・ボディガード


スポンサードリンク

この前のデンゼル・ワシントンがシブかったので、早速アマゾンプライムとNetflixでデンゼル・ワシントンと検索してみると…

 

「Man On Fire」

 

 

…まあ、見てみるか。

 

 

えっ…

 

 

おぉ…

 

 

おおおおぉぉぉ!

 

 

という感じで、すっかりハマってしまいましたw

 

 

以下、あらすじです。

誘拐発生率世界第3位のメイキシコシティを舞台に、過去に傷を持つボディガードの男が巨大な犯罪組織に立ち向かう様を描く。主人公のボディガードに扮するのは『トレーニング・デイ』のデンゼル・ワシントン。彼が護衛する実業家の娘を『コール』のダコタ・ファニングが演じている。監督は『スパイ・ゲーム』のトニー・スコット。過激だが衝撃的なストーリ展開には要注目。

生きる希望を失った男ジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)は、メキシコシティでボディガードの職を得る。実業家の娘ピタ(ダコタ・ファニング)を護衛することになった彼は、聡明な彼女と次第に心を通わせ合うようになるが…。

 

いやー、めちゃめちゃいい映画でした。

ストーリーもいいし、メキシコでの撮影も良かったんですが、何よりもデンゼル・ワシントンがシブい!

 

デンゼル・ワシントンの復讐劇といった内容なんですが、この復讐の仕方が凄い。

手下のチンピラに対して、容赦しない。

指切ったり、拳銃でうったりと、拷問を加えていくんですよね。

まさに死の芸術家…。

 

本当に淡々と殺していくんです。

この淡々というところがシブいんですよね。

どことなく、ジェイソン・ボーンを思い出しますね。

 

デンゼル・ワシントンのアクションって意外とかっこいいんだなーって改めて感心しました。

 

あとは、この子役めちゃめちゃ可愛いじゃん!って思ったらダコタ・ファニングでした。

納得ですよね。

 

続編はないとは思いますが、個人的にはこういう映画は大好きなので、続けて欲しいなーと思います。

 

ジェイソン・ボーンとかが好きな人は是非見てみてください!とても満足できると思います。