なすが食べられるようになりました。

30代共働き庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

泣かせてきます…【映画感想】ワンダー~君は太陽~


スポンサードリンク

映画館で公開していたときに評判が良かったので、みたいなーと思っていた映画。

夜久しぶりにゆっくりできる時間があったので鑑賞することに。

 

 

ワンダー 君は太陽(字幕版)

ワンダー 君は太陽(字幕版)

 

 

 

以下、あらすじです。

ごく普通の10歳の少年オギーは、生まれつきの障がいにより、人とは違う顔をもっていた。幼い頃からずっと母イザベルと自宅学習をしてきた彼は、小学5年生になって初めて学校へ通うことに。はじめのうちは同級生たちからじろじろ眺められたり避けられたりするオギーだったが、オギーの行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。「ルーム」で世界中から注目を集めた子役ジェイコブ・トレンブレイがオギー役を務め、「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツが母イザベル役、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソンが父ネート役をそれぞれ演じる。

 

いやー、号泣しましたw

完全に泣かされましたね。

 

登場人物それぞれの立場から描かれており、多面的な見方を使っているんですが、それがまたいいですね。

人はやっぱり何か裏にある背景があるから行動するし、逆にそう見えなくてもその人にはその人の感情があるよねと。

特にお姉ちゃんのシーンがよかったですね。

お母さんがジュリアロバーツなこともあって、オギーとお母さんの親子愛が中心の物語なのか~なんて思っていました。

ましてやお姉ちゃんは引き立て役のいいひとキャラなのかなと。

だからこそ、お姉ちゃんの視点は「そうだよね」と思わせるものがありましたね。

 

とまあ、お姉ちゃんの話になってしまいましたが、やはり何よりも偉いのはジャックでしょうw

なかなか、主流のグループから外れて一人でいるオギーと友達にはなれないですよね。

もちろん、自分の顔に強いコンプレックスを抱えて、新しい世界に出ていくオギーの不安はかなりのものがあったと思います。

そして、それを克服する勇気と人間としての面白みは素晴らしいです。

けど、やはりジャックと言う理解者がいてこそのオギーでしょう。

何かこの映画を見てて、子供のころはケンカしても仲直りできていたけど、大人になると仲直りしないことのほうが多いよなと感じてしまいました。

まあ、付き合いの大半は仕事でのビジネス上の付き合いになるので、ケンカすることのほうが少ないですがw

 

とにもかくにも、オギーという太陽を中心に、周りの人たちの優しさがすごく伝わってくるいい映画でした。

そういう意味でも様々な登場人物の視点で描かれていることがより一層、彼らの優しさを感じさせてくれました。

まあ、でもそういう周りの人たちをひきつけるオギーのユニークさが彼の太陽たる所以なのかもしれません。

 

 

ジュリア・ロバーツのファンの方も(自分ですw)そうでない方も是非一度見ることをお勧めします。