なすが食べられるようになりました。

30代共働き庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

大企業への男たちの熱い戦い【映画感想】フォードVSフェラーリ


スポンサードリンク

新婚旅行の飛行機の中で鑑賞。

題名は駄作の匂いがプンプンするけど、マット・デイモン出てるしそこまで外れないだろと思ったら、めちゃくちゃ面白かったですw

 


f:id:monmontana:20200319113621j:image

 

以下、あらすじ。

かつてレーサーとして活躍し、今は気鋭のカー・デザイナーとしての日々を送るキャロル・シェルビーのもとに、アメリカ最大の自動車メーカー、フォード・モーター社からオファーが届く。それは、ル・マン24時間耐久レースで絶対王者に君臨していたイタリアのフェラーリ社に勝てる車を造ってほしいという、不可能とも思える内容だった。さっそくシェルビーは凄腕のイギリス人ドライバーのケン・マイルズを口説き、2人でレーシングカー、フォードGT40の改良とテストを重ねていくが…。(公式サイトより)

 

※以下、ネタバレありです。

フォードVSフェラーリ…この邦題からどれだけの人が、こんな名作だと想像したでしょうかw

 

観ていた序盤で「あれ、この人は…クリスチャン・ベールじゃないかー!」と。

マット・デイモンとクリスチャン・ベールの二人が出演していて駄作なわけがないと確信しました。

 

結果、めちゃくちゃいい映画でした!

 

マット・デイモン演じるキャロル・シェルビーとクリスチャン・ベール演じるケン・マイルズの友情を軸にした映画。

また、同時にフォードという巨大組織に対する戦いでもある。

 

なので、フォードVSフェラーリというよりも、フォードVSシェルビー・アメリカンといった感じ。

 

特にフォードについてはものすごーくかっこ悪く描かれているw

副社長はがんがん横槍を入れてくるし、社長も男気あるかと思いきや…レース中にヘリでどっかにいってフェラーリ陣営にバカにされる始末(よくフォード社に文句言われなかったと心配になるぐらい)。

 

ちなみに唯一、リー・アイアコッカのみ社内のバランスに悩まされながらも、ケンとシェルビーに賛同していく姿がカッコよく描かれていました。

 

逆にフェラーリはいい感じの好敵手といった感じに描かれていたなー。

 

でも、やはり何よりいいのは、シェルビーチームのチームワークの良さ。

副社長を閉じ込めるシーンなんかは最高でした。

 

会社員を経験している方ならきっとどなたでも、いや~な上司や、組織の嫌な部分に直面する経験はされているかと思います。

この映画はまさにその縮図とも言えるので、最近組織の嫌な部分に直面していた自分としてはケンとシェルビーにがっつり感情移入ができましたw

大組織になればなるほど官僚的になって、つまらない仕事が増えていくけれど、男としては(比喩表現としての男です)、自分の信念を貫きたい!

が、現実はうまいこといかず…だからこそ、このケンとシェルビーを応援したくなるんでしょうねw

 

ケンとシェルビーの友情も素晴らしい。

特にケンカをするシーン。

なんか、ほっこりするとともに彼らの友情の深さをあのシーン一つで感じられますよね。

ケンの奥さんの対応もまた素敵だなーと。

椅子を見ながら、子供のけんかを見守るように。

やっぱり、女性から見ると男は子供なんだろうなーなんて思っちゃいましたw

 

レース終了後のシーンも最高でしたね。

ケンがシェルビーに愚痴ひとつ言わずに、むしろ次のレースの話と車の話をする。

いやー、しびれますね。

 

もちろん、両者を演じたマット・デイモンとクリスチャン・ベールがすごい。

シェルビーがフェラーリのストップウォッチを借りたり、ボルトをひとつ落とすシーンを演じられるような渋い男をマット・デイモンがしっかり演じてましたよね(いまだにオーシャンズの若造ポジションのイメージが抜けずにw)。

クリスチャン・ベールもさすがの一言。

 

 

いい映画みたな~と思える一作でした!

是非、社会の荒波にもまれた大人たちに見て欲しいですw