なすが食べられるようになりました。

30代共働き庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

読書

どう解決していくのがいいのか。【読書録】AI vs. 教科書が読めない子どもたち

ついに安倍首相も体調を崩されてしまったようですね。 安倍政権の政策には賛否はあれど、エビデンスに基づいて政策をたてていくというのが以前に比べてなされていたのではないかというのが個人的な評価ですかね(もちろん自分が政策について関心を持つように…

うまく仕事の説明できてますか?困っている新人〜若手のビジネスマンへ①

早速ですが、仕事上でよく「何が言いたいのかわからない」、「言いたいことを整理してから来い」等など言われることはありませんか? または、説明しようとすると頭が真っ白になりうまく説明することができない。 こんな経験はありませんか?? 自分も社会人…

一眼レフカメラの機能使いこなしていますか?シンプルでとても分かりやすいのでオススメです。【読書感想】カメラはじめます!/こいしゆうか

自分でも多趣味だなーと自覚はあるのですが、長くやっているはずなのにイマイチ腕が上がってないんじゃないかなーという趣味の一つがカメラ。 最初は大学時代にキャノンのD40をバイト代を叩いて買ったことが始まりでした。 バックパックでかっこいい写真をと…

親、先生、行政職員だけでなく、教育に携わる人、悩んでいる人にオススメです。【読書録】「学力の経済学」/中室牧子

ちょっと仕事柄、教育関係の知識を得たいと思い題名とプライムの対象だったので、読んでみた本。 自分の見えていないものに気づかせてくれる、思った以上に名著でした。 「学力」の経済学 作者:中室牧子 発売日: 2015/06/17 メディア: Kindle版 以下、感想な…

マーケットは今後どうなっていくのか【読書感想】マーケットでまちを変える/鈴木美央

自宅で読書週間ということで、買って積読本になっていた本をさっそく読み漁っていますw 今回はこちら。 マーケットでまちを変える: 人が集まる公共空間のつくり方 作者:鈴木 美央 発売日: 2018/06/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) マーケットという人…

やっぱり天才プロレスラーでした。【読書感想】完本1976年のアントニオ猪木/柳澤健

プロレス大好きな自分としては、前々から読みたかったこの本。 作者の柳澤健さんの本は結構好きで、既に2冊読んでいますw ぐいぐい引き込まれる。【読者感想】1985年のクラッシュギャルズ - なすが食べられるようになりました。 愛してまーす!【読書録】2…

使いこなすにはまだまだ勉強不足ですね…【読書感想】現代の地政学/佐藤優

コロナの第二波がやってきてしまいましたね。 数も減っていたためこれは収束できるかなと期待していましたが、やはりなかなか難しいですね。 長期戦…といったところでしょうか。 そんな中で、外出しない趣味ということで早速読書に勤しむことに。 今回の本は…

MOOCは今後の教育革命となりうるか?【読書感想】ルポMOOC革命無料オンライン授業の衝撃

久しぶりのブログになってしまいました。 今回読んだのはこちら。 // リンク このコロナ禍において今回最も問題として上がってきたことの一つが「教育」の問題だったのではないかと。 各種教育関係機関だけでなく個人においても色々な人がYouTubeで「教育」…

アベノミクスに対する評価の一つとして。【読書感想】武器としての経済学

最近は日本が経済的に低迷しているということもあり、政策と経済対策はセットですよね。 そのため、ニュース何か見ていても政策とセットで経済について語られることが多く、これは経済について勉強しなければなという思いから、経済系の本を読むことが増えて…

経済対策の重要性とともにコロナを「機会」にできるのか【読書感想】コロナショックサバイバル 日本経済復興計画

緊急事態宣言が一部地域で解除され、また少し動きが出てくるのでしょう。 アフターコロナについて、色々予測がされていますが、今回はその1冊(知り合いが紹介をしていてちょっと興味がわいたというのもありますが)。 // リンク 結構予想していた内容とは…

これもまた最高に面白い!【読書感想・漫画】アルスラーン戦記(漫画:荒川弘)

前回、田中芳樹さん原作の「銀河英雄伝説」がめちゃくちゃ面白いと書きました。 記事はこちら↓ www.nasutabe.com そう、再び田中芳樹さん原作の漫画をご紹介です。 GW中に自粛で暇だな~と思って漫画をネットで漁っていました。 そしたらあるじゃないですか…

今の中国、そしてコロナ後の世界の対立とは。【読書感想】中国が世界を撹乱する

野口悠紀雄さんの著書。 知り合いの人がおススメしていたこともあり、 kindleでいち早く読むことに。 まあ、GWが外出自粛ということもあり、一日であっさりと読めました。 内容としては、中国という国に対する現状とそれに対する世界の問題意識といったとこ…

新型コロナ対応で試されるリーダーシップ【読書感想】大局観

新型コロナにおいてもっとも顕著になったことの一つは政治家のリーダーシップ。 今回、安倍首相を始めとした国の政治家はもちろんのこと、都知事、県知事レベルから市長レベルまで、国、都道府県、市町村のトップでリーダーシップの有無が大きく現れたと思い…

哲学は社会の課題に答えてくれるのか【読書感想】マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する

本屋に行くと最近「哲学」に関する書籍が並んでいるなーと思うのは自分だけでしょうか。 その中で、今最も押されている人。 その名も「マルクス・ガブリエル」。 29歳でボン大学哲学科教授に就任した紛れもない「天才」。 今回読んだ本はそんな彼が、NHKの…

知らなかったことがもったいない!【読書感想・漫画】銀河英雄伝説(漫画:藤崎竜)

「銀河英雄伝説」。 通称、「銀英伝」をご存じですか。 多分、自分世代では知らな人のほうが圧倒的多数だと思います。 かく言う私もまったく知りませんでした!w というより、友人との会話にもまったく出てこず、その存在すら知りませんでした!!(すみま…

勉強になります。【読書録】公共R不動産のプロジェクトケーススタディ

ちょっと興味があったので読むことに。 // リンク なかなか勉強になりました。 まあ、公民連携については昔から言われてきていますが段々と増えてきたんですかね。 公民連携については公務側はもちろんのこと民間側にも課題があると考えていたのですが、面白…

愛してまーす!【読書録】2011年の棚橋弘至と中邑真輔

イッテンヨン東京ドームを見に行くために事前学習として読んだ本。 // リンク いやー、めちゃくちゃ面白かったです! そして、自分は棚橋弘至をめちゃくちゃ誤解をしてました…。 闘魂三銃士までの新日本プロレスの栄光…それからの総合格闘技ブームの台頭によ…

企画や発想が苦手な人へ【読書感想】ずるい考え ゼロから始まるラテラルシンキング入門

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門 作者:木村尚義 出版社/メーカー: あさ出版 発売日: 2016/08/02 メディア: Kindle版 ラテラルシンキングって耳にするけどどういう内容なのかしっかりと把握していなかったので読むことに。 なかなか分かり…

意外と自己啓発本でしたw【読書感想】「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

プライムリーディングに入っていたこともあり、なんとなーく思考をスッキリできるかなとー思い読み始めることに。 // リンク 思ってた内容とは違い結構自己啓発本よりでしたw まあ、自己啓発本自体はエナジードリンクのようなものだと思っているので嫌いでは…

思ったよりも…【読者感想】落合陽一 日本再興戦略

元々ちょっと興味があったけど買うほどではないなーと思っていたところ、プライムリーディングで読めるようになっていたので早速読むことに。 日本再興戦略 (NewsPicks Book) 作者: 落合陽一 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/01/30 メディア: Kindle版…

改めて名著。【読書感想】話を聞かない男、地図が読めない女

プライムリーディングにあったので、そーいえば有名だから読んでみようかなと思い軽い気持ちで読んだ本。 いやー、面白かったです。 さすがベストセラー! // リンク 端的に言えば、『男女の違いはホルモンなど生まれ持ってのものに由来することがほとんどな…

ディープですね。【読書録】世界のシワに夢を見ろ!

そろそろ秋ですね。 秋といえば読書。 秋といえば旅行。 ということで読書と旅行の両方を満足させてくれる本と言えばこちら! // リンク そう、高野秀行さんの旅行本。 今回は探検部時代からその後の旅での珍道中を書き記した本。 旅をしたこのある自分にも…

例えのセンスが抜群!【読者録】ミャンマーの柳生一族

著者:高野秀行 出版社:集英社 【カラー版】ミャンマーの柳生一族 (集英社文庫) 作者: 高野秀行 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/06/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 真夏の猛暑の中、色々とプライベートが忙しく、今年の夏は旅行…

平安時代のシャーロックホームズ【読書感想・漫画】応天の門

久しぶりに新しい漫画を買いました。 そう、それがこちら。 // リンク 応天の門。 作者は灰原薬氏。 「SP警視庁警備部警護課第四係」のコミカライズをされた方ですね。 ちなみに後で知ったのですが、この漫画は「第20回文化庁メディア芸術部漫画部門新人賞…

意外な苦労人でした。【読書録】池田勇人 ニッポンを創った男

Kindleで安くなっていたのでポチッと。 池田勇人という昭和の首相の生涯を描いた作品。 自分が知る知識では、池田勇人と言えば、所得倍増計画を打ち出し、それを成し遂げ、日本の高度経済成長を創った政治家という認識。 知識としては大体合っているとは思う…

街づくりの先進事例ですね。【読書録】街の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト

著者:猪谷千香 出版社:幻冬舎 町の未来をこの手でつくる 紫波町オガールプロジェクト posted with ヨメレバ 猪谷 千香 幻冬舎 2016-09-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 楽天kobo 年始にポチポチと購入した本のうちの一つ。 全く知らないプロジェクトでした…

懐かしい気持ちになりました。【読書録】アジア「罰当たり」旅行

クレイジージャーニーで一躍有名になった丸山ゴンザレス氏の若かりし日の旅行記。 アジア「罰当たり」旅行 改訂版 作者: 丸山ゴンザレス 出版社/メーカー: 彩図社 発売日: 2016/06/13 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る いやー、懐かしい気…

なかなか面白い方で。【読書感想】祖にして野だが卑ではない

粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 (文春文庫) 作者: 城山三郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1992/06/10 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 71回 この商品を含むブログ (41件) を見る 三井物産の代表取締役、国鉄の第五代総裁を努めた石田氏…

「ヒト」って奥が深いなあ。【読書感想】絶滅の人類史 なぜ「私たち」が生き延びたのか

昨年の年末にNHKでやっていた「未知のイソラド 最後のひとり」を観て以来、ちょっと人類史に興味を持って手にした本。 そーいえば、人類史なんて勉強したことなかったなぁと。 博物館とか好きなので、興味はあったのですが人類史という学問?があることを知…

今後もっと身近な宗教になるかな?【読書録】池上彰が読むイスラム世界

何かを知りたい、学びたいと思ったときの池上さんの本。 学びたい大人の教科書ですよねw そして、今回はこちら。 そう、イスラム教について。 前回読んだ池上先生の本に宗教の話があって、興味がわいたので購入することに。 (この前読んだ池上さんの本はこ…