なすが食べられるようになりました。

30代共働き庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

まさに男の戦いです。【映画感想】ギャング・オブ・ニューヨーク


スポンサードリンク

 

昔観たことあるけど、すっかり忘れていたのでもう一度観てみようと思いNetflixで観た映画。

以下あらすじです。

1846年、ニューヨークのファイブ・ポインツでは、アメリカ生まれの住人たちの組織“ネイティブズ”とアイルランド移民たちの組織“デッド・ラビッツ”が対立している。幼少のアムステルダムは、神父でデッド・ラビッツのボスである父親を敵のボス、ビリーに殺された。アムステルダムは投獄され、復讐を誓いながら15年の歳月が過ぎる。アムステルダムが帰ってきたファイブ・ポインツは、ネイティブズに仕切られ腐敗していた。デッド・ラビッツは既に壊滅している。それでもアムステルダムは復讐のため素性を隠しビリーの組織に潜り込んだ。やがてジェニーという女に出会い、次第に惹かれていくのだが…。(allcinema ONLINEより引用)

 

いやー、かっこいい。もうディカプリオがかっこいいですね。

昔はタイタニックのイメージで優男感が強かったけど、このあたりから男らしいイメージに変わってきた感じがある。

 

内容としては19世紀前半の南北戦争頃のニューヨークが舞台となっており、ネイティブズ(WASP)とアイルランド系移民との衝突が描かれているんですが、何というか深い映画だなと。

 

昔観たときは単なるギャング映画かなと思ってたけど、今観るととても深いなって。

 

単純なギャング映画ではなくて、ネイティブズとアイルランド系移民との対立だけでなく、そこには南北戦争(白人と黒人)や貧富間の対立と言った色々な構図が描かれている。

そして、どんな角度(自分のバックボーンや知識も含めて)で観るかで受ける感想も違うのでないかと思います。 

 

何よりビル(ダニエル・デイ・ルイス)の存在感が凄い。もちろんアムステルダム(ディカプリオ)含め他の出演者も素晴らしいんだけど、ビルの存在感はそれ以上に凄い。

確かに無法者で、悪いことをしているし、映画の最初でアムステルダムの父親を倒してしまう。

つまり映画のストーリー上は完全なる悪役だ。

ラスボス的な扱い。

でも、映画を見ていくうちにビルのかっこよさに惹きつけられていき、完全には憎めなくなってしまう。(もちろん、やっていることの中には最悪なことも結構ありますよw)

アムステルダムの父親を敵として讃えたり、アムステルダム自身の面倒をみたりと…ビルのかっこよさは自分の中のルール(信念)をもっていて、それをきっちり守っていることなんだろうな。

 

観る人によって「愛国心」なのか「ギャング映画」なのか「親子の絆」なのか等々、感想は大きく変わってくる映画だと思います。

やっぱり名作だなー。