なすが食べられるようになりました。

30代共働き庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

二度あることは三度ある。ユナイテッドアローズでニッキーとフィオリオのネクタイを買う。


スポンサードリンク

安倍総理の体調が悪そうですね。

これは今の政府の好き嫌いは別として、そりゃそうだろうと。

重責を背負いながら、この暑い中仕事をしてれば総理じゃなくって体調崩すでしょう。

ましてや65歳。

んー、自分だったら想像できないなー。

でも、今の60代は元気な人多いしなと思っていたら、トランプ大統領がまさかの74 歳…。

元気ですねw

 

 

と前置きはこれくらいにして。

早速夏のセールで購入した続きにいきたいと思います。

 

今回はアウトレットでユナイテッドアローズに立ち寄ったところまさかのネクタイが激安。

最近、ネットのセールのほうが安いじゃんなんて思っていましたが、いやはや寄ってみるものです。

 

今回購入したのはこちら。

f:id:monmontana:20200820215504j:image

ニッキー(nicky)とフィオリオ(fiorio)のネクタイです。

 

 

 

 

1.ニッキー(nicky)のベージュネクタイ

まずはニッキー(nicky)のベージュのネクタイのご紹介。
f:id:monmontana:20200821081053j:image

この写真だと白っぽく見えるのですが、実際はベージュに近い色です。

 

ちなみにNicky(ニッキー)とは…

1920年創業のタイブランドで、創業当初から専門職人によるハンドメイド生産にこだわり続けています。
今でも昔ながらのミラノの工房で、職人が一つ一つ手作業で作っています。(ユナイテッドアローズHPより引用)

ちなみに特別な依頼などない限り、セッテピエゲは作らずに三つ折りネクタイ。

ナポリではなくミラノということもあるのでしょうか。


f:id:monmontana:20200823115414j:image

 

ちなみに実際は購入前に結構買うか悩んでいたのも事実。

ベージュのネクタイって持っていなかったことと、自分の中でネクタイの色は暗めのほうが合わせやすというイメージがありまして。

 

どうなんだろうなぁと手にとって悩んでいたのですが、近くに吊るしてあったネイビーのジャケットにブルーストライプのシャツに合わせてみたところ…

 

あれ、意外と合うじゃん。

というかしつこくなくていい感じじゃん。

 

といい塩梅。

 

さらに近くのグレースーツに合わせたところ、これも結構いい感じ。

 

ということで、意外と万能な色なのかもしれないと購入することに。

 

これも早く着けてみたいですね。

 

 

2.フィオリオ(fiorio)のニットタイ

こちらはフィオリオのニットタイ。f:id:monmontana:20200823120340j:image

ニットタイはネイビーとブラウンを持っているのですが、今回はこちらのベージュ色。

 

ちなみにフィオリオとは…

イタリアのシルク産地として知られるコモ湖畔に本拠を構える最大のシルク生産企業の一つCANEPA(カネパ)社のファクリーブランドの一つ。
フィオリオの特徴はそのエレガントな色調と柄。名だたる大手メゾンブランド生産を手がけていただけあって、膨大なアーカイブを持っており、毎シーズンそのアーカイブを元にユナイテッドアローズならではの柄をオーダーしています。(ユナイテッドアローズHPより引用)

自分のイメージではフィオリオは結構ウールやニットタイが多い感じがあります。


f:id:monmontana:20200823121049j:image

 

やっぱり、いいネクタイだけあって肌触りや締め具合がいいですね。

割と春秋で締めるイメージがあるので、これぐらい明るいのもいいかなということで即決。

ただ、ニットタイって値段ほど分かんないじゃないかなーと密かに思っているところもあるのでw(実際に持っているネイビーとブラウンは物凄く安いものです)、このあたりは実際にコーディネートしてみて確認してみたいですね。

 

3.まとめ

今年の夏はネクタイを結構買いました。

もちろん、セールでびっくりするぐらい安かったということもあるのですが、ジャケットやスーツが充実してきたというのもあるかなーと思ってます(クローゼットに入らないという噂も…w )。

ジャケットやシャツは既存のものでもネクタイ一つ変えるだけで印象がすごく変わりますからね。

そこがフォーマルスタイルの面白いところですよね。

さてさて、秋の到来が楽しみです!