なすが食べられるようになりました。

30代共働き庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

一眼レフカメラの機能使いこなしていますか?シンプルでとても分かりやすいのでオススメです。【読書感想】カメラはじめます!/こいしゆうか


スポンサードリンク

自分でも多趣味だなーと自覚はあるのですが、長くやっているはずなのにイマイチ腕が上がってないんじゃないかなーという趣味の一つがカメラ。

最初は大学時代にキャノンのD40をバイト代を叩いて買ったことが始まりでした。

バックパックでかっこいい写真をとれたら嬉しいなという思いからだったのですが。

当時は適当にパシャパシャと。

その後、卒業旅行のボリビアでカメラを盗まれてしまい…。

 

それから何年かあとにソニーのミラーレス一眼を購入。

旅のお供になりました。

その後、単焦点レンズを購入してより楽しみが増えました。

 

ただ、構図の勉強はちょろちょろしてたけど、機能についてはからきし。

なんかどーしても頭に入らないんですよねw

 

と、そんなこんなで一念発起してもう少し趣味のレベルを高めようと。

 

購入したのがこちら。

 

 

いやー、わかりやすかったです。

漫画形式で文字が大きいのでキンドルのスマホでも読みやすくていいですね。

 

基本的にはAvモードにして以下の3つの使い方が大切。

  1. 絞り
  2. 明るさ
  3. ホワイトバランス

 

シンプルで分かりやすいですよね。

 

さらに、この本の分かりやすいところはこれを使うとどういった写真がとれるかがわかりやすく解説されているところ。

 

自分ももちろん機能は知っていたのですが、「どういう使い方」をすれば「どういった写真」になるかというのが分からなかったのですが、この本でスッキリしました。

 

よくあるカメラの本だと詳しく書かれすぎていて読んでるうちに飽きてしまう…ということが多かったのですが、この本の良いところは本の情報量が少ないところ。

つまり、情報の取捨選択ができているなと。

 

その結果、頭に入ってきやすいことと自分でも使いこなせそうな気になるというところがいいところですねw

 

また、逆光の使い方や構図についても解説があり、勉強になりました。

 

もちろん、インスタ映えする食べ物の撮り方なんかも掲載されています。

 

初心者の人はもちろん、一眼レフカメラ(ミラーレスも含めて)を購入したけれど、もう一歩進んで使いたいという人にオススメです。

 

いやはや、これを機にインスタ(あげるほう)でもやろうかな〜。