なすが食べられるようになりました。

30代共働き庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

【ファッション】30代の腕時計!ドライブドゥカルティエを買いました!


スポンサードリンク

ついに買ってしまいました…。

 

 

悩みに悩みました…。

 

 

 

 

この高級感溢れる赤い箱。

 

 


f:id:monmontana:20191023221154j:image


 

 

パカッとあけると…

 

 


f:id:monmontana:20191023221743j:image

 

 

収まりが素晴らしい…

(実際は1回出してまた戻してるんですがw)

 

 

 

そして、この文字は…

 


f:id:monmontana:20191023221728j:image

 

 

 

 

そして、この時計は…

 

 


f:id:monmontana:20191023222030j:image

 

 

 

そうなんです、カルティエのドライブ・ドゥ・カルティエを購入しました!!

f:id:monmontana:20191023222238j:image

 

 

ついつい、嬉しくて写真めっちゃ撮っちゃいましたw

色々と他の時計とも迷ったのですが、この時計に決めたポイントをつらつらと。

 

 

 

 

 

1.自社製ムーブメント

カリブル・ドゥ・カルティエ以降、メンズの腕時計に力を入れているカルティエ。

もちろん、ドライブ・ドゥ・カルティエも自社製ムーブメントです。


f:id:monmontana:20191023235104j:image

(裏側がスケルトンで機械がみれるのもテンションあがります!)

 

自社製以外は何があるかというと、ETAムーブメントというムーブメントだけを作っている会社のムーブメントを使っているケースみたいですね。

 

ちなみに自社製ムーブメントの何がいいのか!と言われると…

 

 

時計オタクでない自分には正直分かりませんw

 

 

ただ、ひとつ…

 

 

「これは、自社製ムーブメントなんだよ!」って語れることぐらいですねw

 

まあ、ブランドはストーリー(差別化)みたいなところもありますから、語れることって重要かなと。

 

 

2.薄さ(カリブル・ドゥ・カルティエとの比較)

カルティエでメンズの自動巻きともなると、大半の人がカリブル・ドゥ・カルティエと迷うと思います。

かく言う自分もその一人。

 

やっぱり決め手は薄さですかね。

ドライブ・ドゥ・カルティエのほうが薄いのでスーツに合わせやすいなと。

どちらかというとより見た目的にもよりドレッシーな方がいいかなーと思って、ドライブの方に。

もちろん、カリブル・ドゥ・カルティエのゴツいけどドレッシーな感じも良かったんですけどねぇ。

まあ、このあたりは完全に好みですよね。

(ちなみに仲のいい先輩がカリブル・ドゥ・カルティエを持っていたのでドライブの方にしたっていうほうが大きいですがw)f:id:monmontana:20191023235258j:image

(リューズの青い石がかっこいいです)

 

あと、カリブルの方が良かったポイントとしては金属バンドがあったこと。

革バンドはドレス感があがるんですが、どうしても雨とか汗とかを気にしてしまうんですよね…。

ドライブの金属バンドでないかなぁ…。

 

 

3.ブランド

これはもちろん、時計選びにおいて外せないポイント。

というか高級時計に置いては8割ぐらいこれで決めたと言っても過言ではないです!(ミーハーですみませんw)

 

正直、オメガ、タグ・ホイヤー、ロレックス、ブライトリング、グランドセイコー、IWC、ジャガー・ルクルト…などなど。

挙げていけばキリがないですよね。

もちろん、高級時計を何本も買えるようなお金を持っていない平民にとっては外せない一本。

何で決めたかというと…

 

 

ズバリ!

 

 

周りの知人と被らないかです!w

 

時計のコスパとか機能とかで言ってしまえば、セイコーやアップルウォッチやGショックで言い訳ですからね。

高級時計を着けるのは着用してて自分に浸るただの自己満な世界だと思っていますからw

それなのに、人と被ったら悲しいなーと。

かと言って人に気づかれないと悲しいなーとw

 

と言う訳で実は最後まで悩んだのはロレックスとカルティエでした。

ロレックスはやっぱり王道だしかっこいいですよね(近年アンティークも含め値段も高騰してますしね)。

 

一方でカルティエは宝飾ブランドとして地位も確立している中で時計作りにも力を入れているというところで、カルティエに決めました。


f:id:monmontana:20191023235514j:image

 

 

 

4.まとめ

ちなみに実はハワイの免税店で買いました。

円ドルの関係で少し安くなってたのと、たまたま5%安くしてくれる関係で全然買う気がなかったのに決めちゃいましたw

何より接客してくれた年配店員さんがカリブルを持ってて、カッコよかったのとドライブについて丁寧に説明してくれたと言うのも決め手でした。

まあ、今回の買い物は嫁さんからの婚約指輪のお返しということもあり、彼女が付けている時計に合わせたというのもありました。

もっと言うと結婚指輪もこの時にカルティエで購入して(嫁さんの希望によりw)、カルティエ尽くしになりました。

まあ、結局そんな理由ですw

 

と言うわけで結婚しました〜。

引き続きブログも頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします!