なすが食べられるようになりました。

30代独身庶民のサラリーマンです。ファッションや読書や映画や旅行やアウトドアなどについての覚え書き。

【ファッション】金子眼鏡店で眼鏡を買いました。決め手はデザインと検眼!


スポンサードリンク

金子眼鏡店で眼鏡を買いました!!

普段コンタクトなんですが、前々から眼鏡で出社したいな~と思っていたんですが、いかんせん私超ド近眼なんです…。

だから、眼鏡をかけると目が小さくなるのも嫌だったし、眼鏡によっては眼鏡の外側(フレーム外)との差が激しくて気持ち悪くなっちゃうんですよね。

なので探していたのは鼻パッドのないメガネ!

かと言って度数が低いと運転なんかも不安ですしね。

しかし、そんな私に救世主が!!(全ての問題を解決できているか謎ですがw)

 

 

1.検討していた眼鏡ブランド

久々に眼鏡を買うので割と幅広くブランドを検討していました。

以下は自分のメガネには適わなかった眼鏡ブランドです!(サムい!w)

 

①JINS

まずは、JINS。

お手軽で購入できるのでありかなーと。

ただ、デザイン的にシンプルなものが欲しかったのですが、ピンも来るのがなかったですね…。

 

②白山眼鏡店

日本のブランドと言えば的な眼鏡屋さんですね。

実はネットでは見ていて意外とスタンダードなのが少ないのかなぁと…まあ、実際はその前に金子眼鏡店でビビッときてしまい、お店には行かなかったです。

 

③9999

言わずとしれたフォーナインズ。

自分のイメージではやっぱりシルバーフレームのイメージがあるので、ちょっと今回の自分の欲しいフレームとは違うかなーと。

 

④レイバン

実はレイバンにしようかなーと思ってました。コンタクトしてる時のブルーライトカット用のダテメガネがレイバンなのもあって、悪くないかなと。

 

2.金子眼鏡店

金子眼鏡株式会社は本社を福井県に置く、メイドインジャパンのメガネメーカーさん。

国内にも多くの店舗をもち、ニューヨークやパリなど海外にも店舗をもっているとのこと。

生産についても眼鏡職人が、プラスチック(アセテート、セルロイド)フレームの切削からバフ研磨(仕上げ)までの一貫生産を行っています。一貫生産だからこそ、効率を重視した分業メーカーに比べ数を追うことなく、品質を重視した姿勢を貫いている。

 

まあ、よく目にはしていたしお店の外観も悪くないしなということで金子眼鏡店に行ってみることに。

 

 

3.購入したお店ときっかけ

購入したお店は金子眼鏡店青山店。

東京メトロの表参道駅からすぐ。

三階建てで、三階についてはビンテージのフレームが置いてあります(自分は行かなかったけどw)

 

一見、オシャレ過ぎて入りにくいなぁと思いつつ、勇気を出して入ってみることに。

 

入ってみるとメガネがぎっしり。(メガネ屋さんだから当たり前かw)

あった眼鏡を適当に試着してると店員さんからお声が!(実は未だに店員さんと話すのは得意ではないですw)

 

店員さん「どのような眼鏡をお探しですか?」

mon「いや、特にまだ決めてないです…(鼻パッドのないメガネって決めてるけど…)」

店員さん「そしたらこれはどうでしょう」

mom「おぉ。」

店員さん「お客様の目と顔の大きさに合わせるとこれぐらいのレンズの大きさがちょうどいいです。」

mon「そーなんですね。(そんな選び方があったとは…)ちなみに目が悪すぎるので、眼鏡と目の距離が近いものがいいんですが…」

店員さん「あー、なるほどですね。そしたら鼻パッドのないものがいいですね。お客様の鼻の形ならなくても大丈夫だと思うので。それではこれを。」

(茶色のフレームの眼鏡を渡される)

mon「おお、これいいですね!ちなみに黒はありますか?」

店員さん「ちょっと確認しますね…取り寄せならありますがいかがしましょう?」

mon「それならよろしくお願いします!」

 

そして、待つこと1週間。

再度来店して実際にかけてみると…いいじゃないですか!うん、実にいい!

ということで即決。

 

まあ、結局のところ店員さんの接客とかけてみた感じが良かったので決定しました!

 

 

4.デザイン

よくあるスタンダードな黒縁メガネにしました。(写真は最後に)

でも、スタンダードでいつもかけるものだからこそ良いメガネがほしかったというのもあります。(まあ、この辺りは自己満足の世界ですね)

他にも色々なメガネがあって結構迷ったのも事実ですが…w

 

5.検眼

ネット情報で検眼についての評価が高かったこともあり、検眼については期待していました。

期待通り、色々な機械を使って丁寧に時間をかけて検眼をしてくれました。

また、個人的にどのように眼鏡を使うかや見え方、疲れ方についても丁寧にアドバイスをしてくれて、かなり親身になって検眼をしてくれました。

このあたりは、金子眼鏡の評価か高い理由の一つでしょう。

昔、安いメガネ屋さんで購入した時は店員さんが結構テキトーで、結局度が強すぎて安物買いの銭失いになったのを思い出しました。

金子眼鏡はそういった心配のない眼鏡店だと思います。

 

6.レンズ

まあ、そんなこんなで相変わらず目が悪い自分はもちろん薄型のレンズを勧められることに。

それでも歪み(中央から端にかけて)が出るとのことで、オーダーメイドのレンズを進められました。

ちなみにレンズだけで五万円くらい…高い…。

「でも、せっかくだし長く使いたい!ブルーライトも入ってるし買おうと思ってたレンズ+二万円〜三万円だ!」と自分を納得させて、購入することにw

(実際に長く使いたいなとも思ったので、いいレンズにしました。)

 

別の測定器で測定して翌週には出来上がるとのことでした。

 

 

7.出来上がり

1週間後に出来上がりを取りに行きました。

そのタイミングでしっかり検眼もしてくれました。

全く問題ありませんでした。

 

こんな感じの紙袋に入れられてf:id:monmontana:20180827163905j:image

 

開けると木箱が
f:id:monmontana:20180827163920j:image

 

木箱の裏にも金子眼鏡の文字が
f:id:monmontana:20180827163948j:image

 

黒い眼鏡ケースに
f:id:monmontana:20180827164003j:image

 

黒縁メガネ。
f:id:monmontana:20180827164024j:image

 

横から見ても黒縁メガネ。
f:id:monmontana:20180827164036j:image

 

金色で金子眼鏡の文字。

かっこいいです。
f:id:monmontana:20180827164050j:image

 

8.まとめ

実際かけてみて3ヶ月ぐらい経ちますが、全く違和感ないですし、目も疲れません。

本当に買ってよかったです。

結果、7万円強ぐらいするというちょっと高い買い物でしたが、革靴と一緒で長い年数使うと思えばいいものを買うのは良かったかも知れません。

ちなみにフレームが汚れてきたら、持って行くと研磨してくれるらしいです。

そんなアフターサービスも素晴らしいですね。

メガネを買おうと思っている方は金子眼鏡を候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。